横浜学園附属元町幼稚園

〒231-0861 横浜市中区元町4-154
横浜学園附屬元町幼稚園

  ホーム > ご挨拶・沿革 > 卒業生紹介

ご挨拶・沿革

廣嶋玲子さん(小説家)

小説家・児童文学作家・ファンタジー作家

廣嶋 玲子



横浜市出身。横浜学園附属元町幼稚園、第30回卒業生。「水妖の森」でジュニア冒険小説大賞を受賞。「魔女犬ボンボン」シリーズ、「はんぴらり」シリーズ、「鬼ヶ辻にあやかしあり」シリーズ、「夢の守り手」シリーズなど、多くの著作があり、「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」シリーズは大ベストセラーに。NHK・Eテレで、テレビアニメ化もされている。

廣嶋玲子さんの作品について詳しくは公式サイトへ。
元町幼稚園へのメッセージ
廣嶋玲子

卒園生の私にとって、元町幼稚園は本当に思い出のある、特別な場所です。毎日、のびのびと過ごさせてもらい、楽しい遊びを教えてもらったり、または自分で考えだしたりと、子供らしさと自主性を同時に育めました。
だからでしょうか。私は子供時代の記憶や感覚を鮮やかに思い出すことができ、それが物語を書く時にとても役立っています。つまり、作家の私にとって、元町幼稚園とは原点とも言える場所なのです。
今、元町幼稚園に通っている子供達、これからここに通う子供達、そして保護者の方々が、私と同じように、たくさんの豊かなものを得られますよう、心から願っています。
そして、日々がんばってくださっている先生方に、心からの感謝を。

尾崎名津子さん(文学研究者)

文学研究者

尾崎 名津子



横浜市出身。横浜学園附属元町幼稚園、第31回卒業生。弘前大学人文社会科学部准教授。専門は日本近現代文学。主な著書に『織田作之助論 〈大阪〉表象という戦略』(和泉書院、2016年)、『織田作之助女性小説セレクション 怖るべき女』(春陽堂書店、2019年)、『「言論統制」の近代を問いなおす 検閲が文学と出版にもたらしたもの』(共編著、花鳥社、2019年)がある。

元町幼稚園へのメッセージ
尾崎名津子

年長さんの頃、おままごとで決まった役割(「おかあさん」とか「こども」とか「犬」とか)を演じることに少し飽きてしまった私は、一人あそびに熱中していました。内心「先生に、みんなで一緒に遊びなさいと言われたらどうしよう」と思いながら。しかし、先生方は私にそのような事を言わず、ずっと見守ってくださっていました。
1ヶ月ほど経つと、誰かと少しは関わっていたいと思い直し、一人でパン屋を開店しました。そして、おままごとをしている女の子たちや、ビックリマンごっこをしている男の子たちにパンを売りました(半ば「押し売り」だったかもしれません)。パンが売れなくなれば翌日には自動車販売に鞍替えし、その翌日にはケーキ屋に――。
こうしてあっという間に卒園してしまったのですが、自営業を営んだ日々は、今日の私を明らかに形作っています。元町幼稚園は、人と同じことをしなくても、良い意味でそっとしておいてもらえる、そんな場所でした。一人でいても大丈夫、見守ってくださる方が必ずいるという大きな安心をもらいました。
私の研究対象は、文学史では決して大きく取り上げられない作家の作品や、明治時代から占領期までの日本にあった言論統制です。研究業界において「王道」とは言えないでしょう。その研究に意義があると信じ続けられたのは、先生方からいただいた「人と同じでなくてもいいよ」という承認が、私の支えとしてあったからだと思います。
相手を見守るということは自分を不安にさせ、それに耐えることは意外に難しい、と、日々学生と接していて思います。小さな子が相手であればなおさらだと思います。心配で、ついあれこれと手を差し伸べたくなってしまうのが大人なのかもしれません。ですが、相手を信じて、時にはそっと遠くから見てあげることが、子どもの成長につながるような気がします。そんな大人の視線を、子どもは言わずとも感じ取っています。このことが、大人や世界への信頼を育てます。元町幼稚園は、そうした教育を実践している場所だと思っています。

入園・転入園のご希望の方は、
ご連絡ください。
045-641-1330

〒231-0861 横浜市中区元町4-154